80552877

現DFM所属のプロゲーマー。ポジションはADC

【キャリア】

日本鯖の誕生以前からNAや台湾鯖で活動していた日本の第1世代プロゲーマーとして、日本ではファンからの人気がかなり高い。

DFMがCJ Entus Frostとイベントマッチとして戦った当時もSpace-MadLifeデュオに判定勝ちした。日本最高のADC、しかし、ゆとりもやしに対して決勝戦で試合を投げ続けてしまっていた。

DFMが国際大会に出ていた時はトップレーナーだったが、PazのTop復帰に伴い、ADCにコンバート。Eviの加入後もADCとしてプレイしている。 EVIを除けば結構上手なトップレーナだったし、ADC不毛の地、LJLで実力があると認められたけど、トップ時代と比べてキャリアが停滞している感が・・・

とはいえ、2018WCS kaboom戦ではバロンスチールしたり、集団戦で無双して負けていたゲームをひっくり返したりして、DFMを勝利に導いた。
その後は、ヴェインピックでゲームを投げたものの、エズリアルで活躍してチームのノックアウトステージ進出に貢献した。

2019シーズンではサポートがviviDからGaengとなり、LJL最高のボットデュオとして完全に定着した。そして、Eviからの影響なのかわからないけど大学卒業後、2019年からkr鯖のソロランクを本格的に始めた。TierはGMで、無視できないTier。多分日本人の中ではEviの次に位置していると思われる。

大学卒業とkr鯖での練習と成果なのか、2018WCSよりも高いパフォーマンスを2019MSIでは見せてくれた。
MFでG4のイレリアをソロキルしたり、エズリアルでゲームを支配するなど、期待以上のパフォーマンス。日本の第1世代とは思えないほどまだまだ若いし、いまだ成長を続けている姿には好感が持てる。

しかし、2019WCSではダメージ捏造さえもできないエズリアルでStealと一緒に叩かれた。
前回のWCSやMSIなどで見せてくれたアグレッシブさが全くなくなってしまった姿と一緒に、レーン戦も前より弱くなってStealと両大穴として選ばれた。



【余談】

ゲームプレイ時の姿勢が特徴的



※Week毎のLJL Montageの投稿始めました、暇なときに見てやってください。




↓こちらをクリックしていただけると嬉しいです。


 
League of Legendsランキング